StyleCop 4.4.0.9日本語化版登場!

『Microsoft StyleCop 4.3(C#静的解析ツール)リリース』のエントリにコメントでStyleCopを日本語化したというお知らせをいただきました。小沢さん、ありがとうございます :)

連絡をいただいた時にja1-1版を試してみたのですが…どうもうまくインストールされず直接コンタクトしてみるかなぁ :?: と思っていたところにja1.2版がリリースされたので試してみたらうまく日本語化されました ;)

少し前にStyleCopのソースが公開されていたので、警告メッセージのXMLファイルだけのなんちゃって日本語化をしようと思いながら手つかずだったわたしとしては、非常にウレシイ公開です。

ちなみに、わたしが試した環境はWindows 7 + VS2010 Professional日本語版です。あと、VS2008 Proでも問題なく動作しているようです。

StyleCop日本語化

StyleCop日本語化出力

StyleCop日本語化警告メッセージ

StyleCop日本語化警告メッセージ

やはり、日本語で表示されるのは良いですね ;)

TrackBack URL :

AnkhSVNの2.1系が正式リリースされてた

AnkhSvnが2.0系の更新があるよぉ~と自動通知してきたので見に行ったら2.1系も正式版としてリリースされてました :) いつの間に…。

早速、AnkhSVN 2.1系とTortoise SVNの1.6系に移行。これで、ようやくSubversion 1.6系で揃えることができました ;)

Subversionハンドブック (Handbookシリーズ) Subversionハンドブック (Handbookシリーズ)
team-thoth

入門Subversion―Windows/Linux対応 Trac入門 ――ソフトウェア開発・プロジェクト管理活用ガイド Subversion実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理(第2版) 入門Trac with Subversion―Linux/Windows対応 入門Redmine Linux/Windows対応
by G-Tools

TrackBack URL :

Axum…C#風味?の並列プログラミング言語

少し前に以下のInfoQの記事で気になっていたわけですが、その記事中で以下のように書かれていた課題が解消したのでダウンロードしてインストールしてみました。

少し前にChannel 9でチュートリアルと併せて、公開のアナウンスがでてました。

正直、以下のチュートリアル動画ではAxumの特徴も何もわかりません :)


Get Microsoft Silverlight

ドキュメントは少ないですが、以下のAxumサイトで公開されています…C#との関係を考えると十分かも知れません。

InfoQの記事でも書かれていますが、『狙いは他の.NET言語から並行性が必要なときにAxumコードを呼び出せるようにすること』なんでしょうね~実際、作れるのもクラスライブラリとコンソールアプリケーションに絞られてますし。

しかし、今のところ実用に使ってみようと思う感じではないですね :arrow:

TrackBack URL :

Doxygenコメント書き補助用VSアドイン

C#でコメントを書くなら、XML + Sandcastleで決まり。では、C++ならDoxygenでしょう ;)

と言うことで、一度作りたいと思っていたVSアドインとしてDoxygenコメントの入力補助が作れないかなぁ~と調べてみたら…やはり、みなさん同じことを考えるわけですでにありました。

とりあえず2つ見つかったんで、忘れないように自分用メモ。他にもっとあったりして :)

で、どちらを使おうかで悩み。さらに、どちらもカスタマイズはできるものの…自分の思い通りにはならないし。

ならば、やっぱりお勉強も兼ねて自作するかを思案中 :?

TrackBack URL :

TestLink 1.8.1インストール…Windows向け邪道暫定版

追記 2009-04-15 21:51:08
王道版は『TracLightning の Apache 環境で TestLink を動かす – かおるんダイアリー』;)

以下のエントリで待っていると書いたTestLink 1.8.1が少し前にリリースされていたのでインストールしてみた。その手順を自分用メモ。

今回インストールしたサーバはWindows XPマシンで、Trac Lightningがすでに稼動しているのでTracの環境と並存できる形でのインストールで極力簡単な方法を探ってみた。将来的には連携とかもさせたいし ;)

要するにインストール方法としては、邪道だし、TestLinkもまだ全然使いこなせてないので正常に動作するか不明なので、Windows向け邪道暫定版です ;)

  • 前提条件
    Trac Lightningが稼動中で、標準の場所(C:\TracLight)にインストールされている状態

インストール手順は以下のような感じ。

  1. XAMPPのダウンロード
    TracLightningの稼動してない状態でTestLinkを動かす一番の近道はXAMPPだろうということで、XAMPPを入手しました。ちなみに今回はインストーラ版を使いました。
  2. XAMPPのインストール
    インストール先はデフォルト(C:\XAMPP)を変更していません。MySQLだけサービスとしてインストールしました。ちなみにApacheはTracLightningのものがサービスで稼動している状態です。
  3. MySQLのパスワード設定
    XAMPPのMySQLはパスワードなしの状態なので、コマンドプロンプトからmysqladminコマンドを使って以下のような感じでパスワードを設定しました。

    cd C:\XMAPP\mysql\bin
    mysqladmin -u root password 設定するパスワード
  4. TracLightning側のApache設定の変更
    TracLightning側のApache設定(C:\TracLight\CollabNetSVN\httpd\conf\http.conf)の以下の部分を変更しました。

    #
    # DirectoryIndex: sets the file that Apache will serve if a directory
    # is requested.
    #
    <ifmodule dir_module>
        DirectoryIndex index.php index.php4 index.php3 index.cgi index.pl index.html index.htm index.shtml index.phtml
    </ifmodule>
    …
    # Supplemental configuration
    #
    # The configuration files in the conf/extra/ directory can be
    # included to add extra features or to modify the default configuration of
    # the server, or you may simply copy their contents here and change as
    # necessary.
     
    # XAMPP specific settings
    Include conf/extra/httpd-xampp.conf

    さらに、XMAPP側にあるC:\XAMPP\apache\bin\php.iniをTracLightning側のC:\TracLight\CollabNetSVN\httpd\binフォルダにコピーします。
    もう1ファイルC:\XAMPP\apache\conf\extra\httpd-xampp.confをC:\TracLight\CollabNetSVN\httpd\conf\extraフォルダにコピーします。

  5. XAMPPのApacheからDLLモジュールをTracLightning側に上書き
    XMAPP側のC:\XAMPP\apache\binフォルダにあるDLLモジュールすべてをTracLightning側のC:\TracLight\CollabNetSVN\httpd\binフォルダにコピーします。なお、すでに存在するDLLモジュールは上書きしませんでした。
  6. TestLink 1.8.1の入手と配置
    TestLink 1.8.1を入手してzipを展開するとtestlinkフォルダが生成されるので、そのtestlinkフォルダをTracLightning側のC:\TracLight\CollabNetSVN\httpd\htdocsフォルダにコピーします。TracLightningのApacheサービスを再起動します。
  7. TestLinkの設定
    http://localhost/testlinkにブラウザからアクセスします。あとの設定は、testlink – swprojectグループページの4から8あたりを参考に設定して完了。

正常にデータベースが作成され、次回からTestLinkのログイン画面が表示されログインできれば邪道暫定版インストールは成功です ;)

将来的には、TracとTestLinkの連携までやりたいんですけど…まず、TestLinkを試すことからはじめないとダメですね :roll:

もっと正当なインストール方法とか、TestLinkのTipsなんかを教えていただけるとウレシイです ;)

ソフトウェア・テスト PRESS Vol.8 ソフトウェア・テスト PRESS Vol.8
ソフトウェア・テストPRESS編集部

ソフトウェア・テスト PRESS Vol.7 ソフトウェア・テスト PRESS Vol.3 システム開発ジャーナル Vol.8 組込みプレス Vol.14 システム開発ジャーナル Vol.7
by G-Tools

たぶん、XAMPPではなくPHPとMySQLを単品でインストールして設定を行うのが王道かと思います :)

追記 2009-04-15 21:40:02
やはり書いてみるものですね~インストール王道版を公開してくれています ;)

あと、Tracとの連携方法も詳細に書いてくれています。

かなりTestLinkの使い方もわかってきて、TestLinkTools – SourceForge.JPとかを使えば、Excel好きなウチの会社の人たちも納得させれそうな予感。

TrackBack URL :

TestLink 1.8.0が正式リリース…一週間待ちます

前から気になっていたものの未導入だったテスト管理システム「TestLink」の1.8.0がリリースされたようですね。

これを機会に一度導入してみたいと思っています。どこまで定着できるか微妙ですが :|

早速インストールと行きたいところですが…「TestLink1.8.0正式リリース」ページを見ると…。

※TestLink 1.8.0はマルチバイト対応に一部未対応の所がありますので、
日本語を使われる方は、一週間後にリリース予定のTestLink 1.8.1を使われることをお勧めします。

と書かれているので、素直に1.8.1を待ちたいと思います ;)

某社内では、Trac派とRedmine派が入り乱れています。まぁ、どちらも少数なんですが…最近Redmine派がやや優勢になっている気配。TestLinkは、どちらとも連携できるようですが…Tracと連携させて巻き返しをなんて目論んでいます。

TracLightningがTestLinkを取り込んでくれないかなぁ~他力本願ですね :roll:

ソフトウェア・テスト PRESS Vol.8 ソフトウェア・テスト PRESS Vol.8
ソフトウェア・テストPRESS編集部

ソフトウェア・テスト PRESS Vol.7 ソフトウェア・テスト PRESS Vol.3 組込みプレス Vol.14 システム開発ジャーナル Vol.8 システム開発ジャーナル Vol.7
by G-Tools

TrackBack URL :

Subversion 1.6系がリリースされてますが…AnkhSVN使いは気をつけましょう

まだまだウチでは現役のSubversionの1.6系がリリースされています ;)

でも、TortoiseSvnと併せて、VSでAnkhSvnを使ってる人は要注意ですね。

と同じようになります。たぶん :roll:

TortoiseSvnの最新バージョンは1.6系になってますが、AnkhSVNの最新安定版は1.5系です。AnkhSVNが1.6系に対応(AnkhSVN-Daily Updateは1.6系ですが)するまで、TortoiseSvnのバージョンアップはスルーした方が幸せかも知れません。

まぁ、この2つに限らずSVNクライアントの対応バージョンを確認して移行した方が良いですね。

Subversionハンドブック (Handbookシリーズ) (Technical Handbook Series) Subversionハンドブック (Handbookシリーズ) (Technical Handbook Series)
team-thoth

入門Subversion―Windows/Linux対応 Trac入門 ――ソフトウェア開発・プロジェクト管理活用ガイド 入門Trac with Subversion―Linux/Windows対応 Subversion実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理(第2版) 入門Redmine Linux/Windows対応
by G-Tools

TrackBack URL :

マイクロソフトが高校生までDreamSparkを拡充

builder by ZDNet Japanの『マイクロソフト、学生向けソフトウェア無償提供プログラムを高校生にも拡充』によると、ようやく日本でも高校生向けにDreamSparkが開始されたようです ;)

学情研の以下のページを経由して申し込むようですね。

以下の2つの申し込み方法があるようです。

  1. DreamSpark 生徒版「教員」申し込み(学校の先生が、生徒の代表として申込み)
  2. DreamSpark 生徒版「学生」申込み(学生が個人的に申込み)

なお、従来から対象の大学院生、大学生、専門学校生、高等専門学校生の4,5年生は従来通り以下から。



Microsoft DreamSpark(MSKK)

大人な人は以下ですか :cry:

Microsoft Windows MSDN Deluxe Edition Microsoft Windows MSDN Deluxe Edition

Visual Studio 2008 Standard Edition アップグレード MCP教科書 Windows Server 2008 Active Directory編(試験番号:70-640) (MCP教科書) (MCP教科書)
by G-Tools

TrackBack URL :

Silverlight…勉強が必要だな

まぁ、自分がメインに関わるプロジェクトではないのですが…某所向けプロジェクトの選択肢の一つとして、Microsoft_SilverlightMicrosoft_Silverlight が候補に上がっている。近々検討会があって、色々な選択肢を選ぶ際のアドバイスをしなくちゃならないのだが、Silverlightの開発がどのようなものか全く知らないのも恥かしいので調べてみた。

とりあえず、本家と思われるところから情報を集める。次にとりあえず手を動かしてみようと…以下のVS2008用のアドオンをインストールしてみる。

ほぉ、新規プロジェクトでVB.NETやC#の中にSilverlightの項目が選択できるようになってますね。と言うことで、早速Silverlightアプリケーションを選択。

なんか、プレビュー画面とXAMLが表示される。これが、XAMLかぁ~よくわからないなぁ~と言うことで、プレビュー画面にビジュアルに編集できるものと思いツールボックスから…。

げ、ビジュアルに編集できないよぉ(@@

と言うことで、この辺りからGoogle先生の助けを借りて、以下の@ITの連載記事とかを見つける。

XAMLを直接編集して、上記記事に書いてあるようなことを試してみる。できるできる快調快調。でも、XAMLを直接編集するのは面倒だなぁ~ビジュアルに編集できないのかよぉと思っていたら、連載の3回目に「Microsoft Expression Blend 2」なるものが紹介されてる。

げ、別ソフトかよぉ~しかも、有料!

B001AG45UE Microsoft Expression Blend 2
マイクロソフト 2008-07-18

by G-Tools

値段も高いし :arrow: 試用もできるらしいが、せっかくなのでMSDNでダウンロードしてExpression Blend 2をインストールしてみました。いかにもデザイナーさん向けのソフトっぽいですね。

もう、起動しただけで絶句…
ひ、ひ、広い画面が欲しい!

ソフト屋も広い画面の方が効率が上がるんでしょうけど…個人的なこだわりから、仮想デスクトップを使いながらノートPCの狭い画面で基本的にすべての作業を行うわたしとしては辛いですね~Expression Blend 2。

さすがにデザイナーさんで狭い画面で作業する人は少ないんでしょうね :roll:

まぁ、狭くても堪えながら使ってみたんですが…正直よくわからないんです :cry: Expression Blend 2とVS2008の関係性と言うか棲み分けと言うか。

もう少しGoogle先生に訊いてダメだったら本を手に入れてチャンと勉強してみるかな :|

ひと目でわかるMicrosoft Silverlight 2アプリケーション開発入門(マイクロソフト公式解説書) (マイクロソフト公式解説書) ひと目でわかるMicrosoft Silverlight 2アプリケーション開発入門(マイクロソフト公式解説書) (マイクロソフト公式解説書)
株式会社セカンドファクトリー

Microsoft Silverlight 2テクノロジ入門 (マイクロソフト公式解説書) Silverlight2 テクニックバイブル―WebデザインのためのSilverlight2 プログラミングMicrosoft ASP.NET 3.5 (マイクロソフト公式解説書 Microsoft Visual Studi) ひと目でわかるMicrosoft SQL Server 2008 (マイクロソフト公式解説書) (マイクロソフト公式解説書) The Root of .NET Framework
by G-Tools

TrackBack URL :

AnkhSVNの日本語化…結局、挫折した

「AnkhSVN 日本語化」をキーワードとして、検索して来てくれる人が多いようなので…どうせなら、AnkhSVNの2.0系を日本語化してしまえないかと思ったわけです ;)

ソースコードは、AnkhSVNのSubversionリポジトリから入手して、BUILD.txtを読むと…以下のものが必要なのでダウンロード。

インストールして準備完了ということで、VS2008でAnkhSVNのソリューションを開いてソースを見てみた。

う~ん、日本語化できなくはないけど…弄りまわらないとダメな構成になってますね。どのような形であれ日本語化すべき部分がまとまってくれていれば手をだしやすいのですが :roll:

バージョンアップの追従とか考えると、現状の構成のまま手を入れるのは躊躇してしまいますね。本家の開発者に連絡を取って…とも考えたのですが、日本語化しないと使えないモノでもないので見送る挫折することにしました :arrow:

入門Redmine Linux/Windows対応 入門Redmine Linux/Windows対応
前田 剛

Trac入門 ――ソフトウェア開発・プロジェクト管理活用ガイド アジャイルな見積りと計画づくり ~価値あるソフトウェアを育てる概念と技法~ 実装パターン 実践 Rails -強力なWebアプリケーションをすばやく構築するテクニック Rubyで作る奇妙なプログラミング言語 ~Esoteric Language~
by G-Tools

TrackBack URL :