ditaa面白いかも

IDEA*IDEAの以下のエントリで知ったのですが…ditaaって面白いですね ;)

文字だけで書かれたダイアグラムをビットマップに変換してくれるコマンドラインツール『ditaa』 – IDEA*IDEA ~ 百式管理人のライフハックブログ

で、日本語が通らないと書かれてて残念だなぁ~でも、Javaで書かれてるから通らないこともないだろうとオンラインデモではなく、ダウンロードしてコマンドラインから試してみました。デモは確かに日本語が豆腐になってしまいます。

入力は以下のような簡単なモノ。

*-------*
|       |      /--* 点A
| 四角形   |      |
|       |  -*--+
*-------*

そして、ditaaを実行して出力されたのが以下の画像です。

ありゃ、日本語通りますね :) って、ことで何かに使えないか考えてみようと思います。

TrackBack URL :

All in One TestLinkJP 1.8.5βがリリースされてました

All in Oneパッケージは、簡単に試せるので良いですね。まぁ、すでにインストールされてるものが在ったりすると邪魔とか一長一短なわけですが :)

TestLinkの最新安定版1.8.5を日本語化してAll in Oneパッケージ化してくれたものがリリースされていました。感謝。

今回、使われてるのはXAMPP for windowsの最新1.7.3ですね。

かなり前にTestLinkを少し試して面白いとは思ったものの某所で定着させるのは敷居高そうってのが感想でした。

Excel大好きな人が多いですからね~確かにExcelとの連携も考えられては要るのですが…Excel好きって、わがままな人が多いんですよね :(

自分のスタイルを変えてツールを使うのは嫌。ツール側が歩み寄れみたいな。

さて、もう1回1.8.5入れてみるか1.9か、いっそ2.0を待つか悩んでたり…まぁ、2.0は遠そうなんで、今回のリリースが良いタイミングですかね。

ソフトウェア・テスト PRESS Vol.10 ソフトウェア・テスト PRESS Vol.10
ソフトウェア・テスト PRESS 編集部

ソフトウェア・テスト PRESS Vol.9 ソフトウェアテスト技法ドリル―テスト設計の考え方と実際 パーフェクトソフトウエア WEB+DB PRESS Vol.58 ソフトウェア・テスト PRESS Vol.3
by G-Tools

TrackBack URL :

StyleCop 4.4.0.9日本語化版登場!

『Microsoft StyleCop 4.3(C#静的解析ツール)リリース』のエントリにコメントでStyleCopを日本語化したというお知らせをいただきました。小沢さん、ありがとうございます :)

連絡をいただいた時にja1-1版を試してみたのですが…どうもうまくインストールされず直接コンタクトしてみるかなぁ :?: と思っていたところにja1.2版がリリースされたので試してみたらうまく日本語化されました ;)

少し前にStyleCopのソースが公開されていたので、警告メッセージのXMLファイルだけのなんちゃって日本語化をしようと思いながら手つかずだったわたしとしては、非常にウレシイ公開です。

ちなみに、わたしが試した環境はWindows 7 + VS2010 Professional日本語版です。あと、VS2008 Proでも問題なく動作しているようです。

StyleCop日本語化

StyleCop日本語化出力

StyleCop日本語化警告メッセージ

StyleCop日本語化警告メッセージ

やはり、日本語で表示されるのは良いですね ;)

TrackBack URL :

AnkhSVNの2.1系が正式リリースされてた

AnkhSvnが2.0系の更新があるよぉ~と自動通知してきたので見に行ったら2.1系も正式版としてリリースされてました :) いつの間に…。

早速、AnkhSVN 2.1系とTortoise SVNの1.6系に移行。これで、ようやくSubversion 1.6系で揃えることができました ;)

Subversionハンドブック (Handbookシリーズ) Subversionハンドブック (Handbookシリーズ)
team-thoth

入門Subversion―Windows/Linux対応 Trac入門 ――ソフトウェア開発・プロジェクト管理活用ガイド Subversion実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理(第2版) 入門Trac with Subversion―Linux/Windows対応 入門Redmine Linux/Windows対応
by G-Tools

TrackBack URL :

Wireshark 1.2.0リリース…スタート画面が変わってる

ネットワーク屋さん必携のツールWiresharkの1.2.0が少し前にリリースされていました。

1.2系の初版と言うことやWinPcapのベータ版(4.1β5)を同梱してるところなど若干不安がなくはないのですが…バージョンアップしました。今のところ大きな問題はなく動いているようです ;)

スタート画面が以下のように変わっててチョットびっくり。

リリースノートには、Wireshark has a spiffy new start page.と書かれてますが…個人的には :arrow:

あと、Mac OS X上での動作が改善されてるようですね。

詳細はWireshark: Wireshark 1.2.0 Release Notesを見てください。

TrackBack URL :

Firefox 3.5β99リリース

しかし、β99とは…少しだけ速くなってる気がしますが、たぶん気のせいです :)

Fx35b99

3.5β4で動いていたアドオンは、今のところ問題なく動作している感じです。

TrackBack URL :

FireMobileSimulator 1.2.0βリリース

愛用していて不安定になると困るモノに関しては、β版とかに飛びつかないわけですが…FireMobileSimulatorの新機能「タブごとに端末選択可能」ってのには、飛びつかざるをえませんでした :)

早速インストールしてみましたが、やはりタブごとってのは良いですね~非常に快適です。感謝。

人柱ってことなんですけど…今のところ快適に動作してます :)

TrackBack URL :

Squirrelをシェルスクリプト言語と見なすのは違う気がする

追記 2009-04-18 00:43:03
うがぁ~やはり勘違いしてました。すみません。
Squirrel ShellとSquirrel言語をゴチャゴチャにしてましたぁ~わたし :oops: 確かにSquirrel ShellはGPLライセンスですね。
まぁ、現時点でも大筋には影響ないので…この追記のみで、あえて修正はしないことにします。

いつも良質な記事を提供してくれているIBM developerWorks Japanなんだけど…以下の記事は視点がイマイチな感じだ。SquirrelSquirrel に誤解を与えかねないので、思うところを少しだけ書いてみたい。もちろん、わたしの誤認識の可能性もあるので、その場合は指摘いただけるとウレシイです。

もちろん、本家のページ『Squirrel Shell』で以下のような記述があるので仕方ない面もあるかも知れない。

Cross-platform nature of Squirrel Shell lets users write one script and use it everywhere instead of writing several scripts for doing the same thing, but in different OSes.

でも、シェルスクリプトはこまごましたコマンド群をガシガシ起動して、一連のまとまった処理を記述できることに尽きると思っているわたしとしては…起動するコマンド群のないOSだと意味がないじゃないと思ってしまう。

モチロンそのダメOSの代表格がWindowsだ :)

例えばCygwinでbashだけをインストールしてもほとんど何もできないだろう。つまり、WindowsにSquirrelだけをインストールして起きることも同じことのように思う。

では、コマンド群を入れるためにCygwinを入れる :?: ならば、shスクリプトで十分ポータブルだ ;) じゃあ、PerlとかRubyの代わりに :?: う~ん、代わりにするには動機が足りない。

ならば、Squirrelの活躍する場所はどこかと言われると…まさしく上のIBM developerWorks Japanの記事に書かれている以下の部分じゃないかと。

さらに、Squirrel エンジンは小さく、6000 行にも満たないコードなので、Squirrel をそっくりそのまま別のアプリケーションに組み込むことさえできます。

元々のSquirrelの開発動機もLuaLua への不満からじゃなかったでしたっけ :?:

で、気になったのが同記事ではSquirrelがGPLv3で公開されていると書かれていること。さすがにGPLを丸抱えするのは色々と障壁が高すぎるので…Squirrel Licenseを確認してみると。

と言うことで、「The zlib/libpng License:Licensing」のようです。これなら現実的ですね ;) たぶん、著者の単純な勘違いじゃないかと思います。

そう言えば、昔Tclをアプリケーションに組み込んだんですけど…あまりに変態的だと不評だったのは内緒です :arrow: 当時はTclくらいしかなかったような…さらにその昔(MS-DOSの時代)は自分でインタプリタを実装した記憶が…コチラも遅くて不評でしたけど。

スクリプトエンジン プログラミング スクリプトエンジン プログラミング
坂本 千尋

スクリプト言語による効率的ゲーム開発 C/C++へのLua組込み実践 (GAME DEVELOPER) コンパイラ入門―構文解析の原理とlex/yacc、C言語による実装 (Computer Science Library) ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術 実例で学ぶゲーム3D数学 Rubyで作る奇妙なプログラミング言語 ~Esoteric Language~
by G-Tools

TrackBack URL :

TestLink 1.8.1インストール…Windows向け邪道暫定版

追記 2009-04-15 21:51:08
王道版は『TracLightning の Apache 環境で TestLink を動かす – かおるんダイアリー』;)

以下のエントリで待っていると書いたTestLink 1.8.1が少し前にリリースされていたのでインストールしてみた。その手順を自分用メモ。

今回インストールしたサーバはWindows XPマシンで、Trac Lightningがすでに稼動しているのでTracの環境と並存できる形でのインストールで極力簡単な方法を探ってみた。将来的には連携とかもさせたいし ;)

要するにインストール方法としては、邪道だし、TestLinkもまだ全然使いこなせてないので正常に動作するか不明なので、Windows向け邪道暫定版です ;)

  • 前提条件
    Trac Lightningが稼動中で、標準の場所(C:\TracLight)にインストールされている状態

インストール手順は以下のような感じ。

  1. XAMPPのダウンロード
    TracLightningの稼動してない状態でTestLinkを動かす一番の近道はXAMPPだろうということで、XAMPPを入手しました。ちなみに今回はインストーラ版を使いました。
  2. XAMPPのインストール
    インストール先はデフォルト(C:\XAMPP)を変更していません。MySQLだけサービスとしてインストールしました。ちなみにApacheはTracLightningのものがサービスで稼動している状態です。
  3. MySQLのパスワード設定
    XAMPPのMySQLはパスワードなしの状態なので、コマンドプロンプトからmysqladminコマンドを使って以下のような感じでパスワードを設定しました。

    cd C:\XMAPP\mysql\bin
    mysqladmin -u root password 設定するパスワード
  4. TracLightning側のApache設定の変更
    TracLightning側のApache設定(C:\TracLight\CollabNetSVN\httpd\conf\http.conf)の以下の部分を変更しました。

    #
    # DirectoryIndex: sets the file that Apache will serve if a directory
    # is requested.
    #
    <ifmodule dir_module>
        DirectoryIndex index.php index.php4 index.php3 index.cgi index.pl index.html index.htm index.shtml index.phtml
    </ifmodule>
    …
    # Supplemental configuration
    #
    # The configuration files in the conf/extra/ directory can be
    # included to add extra features or to modify the default configuration of
    # the server, or you may simply copy their contents here and change as
    # necessary.
     
    # XAMPP specific settings
    Include conf/extra/httpd-xampp.conf

    さらに、XMAPP側にあるC:\XAMPP\apache\bin\php.iniをTracLightning側のC:\TracLight\CollabNetSVN\httpd\binフォルダにコピーします。
    もう1ファイルC:\XAMPP\apache\conf\extra\httpd-xampp.confをC:\TracLight\CollabNetSVN\httpd\conf\extraフォルダにコピーします。

  5. XAMPPのApacheからDLLモジュールをTracLightning側に上書き
    XMAPP側のC:\XAMPP\apache\binフォルダにあるDLLモジュールすべてをTracLightning側のC:\TracLight\CollabNetSVN\httpd\binフォルダにコピーします。なお、すでに存在するDLLモジュールは上書きしませんでした。
  6. TestLink 1.8.1の入手と配置
    TestLink 1.8.1を入手してzipを展開するとtestlinkフォルダが生成されるので、そのtestlinkフォルダをTracLightning側のC:\TracLight\CollabNetSVN\httpd\htdocsフォルダにコピーします。TracLightningのApacheサービスを再起動します。
  7. TestLinkの設定
    http://localhost/testlinkにブラウザからアクセスします。あとの設定は、testlink – swprojectグループページの4から8あたりを参考に設定して完了。

正常にデータベースが作成され、次回からTestLinkのログイン画面が表示されログインできれば邪道暫定版インストールは成功です ;)

将来的には、TracとTestLinkの連携までやりたいんですけど…まず、TestLinkを試すことからはじめないとダメですね :roll:

もっと正当なインストール方法とか、TestLinkのTipsなんかを教えていただけるとウレシイです ;)

ソフトウェア・テスト PRESS Vol.8 ソフトウェア・テスト PRESS Vol.8
ソフトウェア・テストPRESS編集部

ソフトウェア・テスト PRESS Vol.7 ソフトウェア・テスト PRESS Vol.3 システム開発ジャーナル Vol.8 組込みプレス Vol.14 システム開発ジャーナル Vol.7
by G-Tools

たぶん、XAMPPではなくPHPとMySQLを単品でインストールして設定を行うのが王道かと思います :)

追記 2009-04-15 21:40:02
やはり書いてみるものですね~インストール王道版を公開してくれています ;)

あと、Tracとの連携方法も詳細に書いてくれています。

かなりTestLinkの使い方もわかってきて、TestLinkTools – SourceForge.JPとかを使えば、Excel好きなウチの会社の人たちも納得させれそうな予感。

TrackBack URL :

DjVu形式ってなかなか良いかも

WindowsCE上でのPDF形式サポートがイマイチなので、DjVu形式について調べてみました。

まず、DjVu形式を作るためのソフト…たぶん、選択肢はあまり多くない :?: Windows向けには以下の3つしか見つけられてないです(Linux向けにはもう少しありそうですが)~さらに試したのは2つだけ。他にあったら教えてください。

Celartemからリリースされている商用ソフトで30日間と500ページという制約付きの評価版を試してみました。

プリンタとして動作するタイプで何の問題もなく綺麗に変換できます。さすが商用…でも、結構高い『Document Express with DjVu 価格表』です。

pdf2djvuと言うことで、PDF形式からDjVu形式へ変換してくれるコマンドのWindows版を試してみました。

なかなか良い感じで綺麗に変換してくれます。これを採用しようと思ってます ;)

あと、シナリオ・データと画像データを読んで、DjVu形式の文書を作成するための処理を行うPerlプログラムMyDjVuもあるらしいのですが…色々なソフトが必要なので試してません :arrow:

あと、Acrobat 9.1で標準の変換では文字が欠ける現象が発生するWord文書があったのですが…どうも、XP SP3のPscript5.dllが原因のようですね~以下の対処で直りました ;)

問題の有無に関わらずWindowsXP-KB950305-v2-x86-JPN.exeを実行です :)

で、肝心のDjVu形式のビューワですが…WindowsCE用には以下があります。

なかなか良い感じです ;) GPLでソースも公開されているので、少し弄ってみています。

気になるのはDjVuのWindows向けの標準ビューワと思われるLizardTechのものに米国特許6.058.214および出願中の特許で保護されてるとか書かれてること。

この辺りが理由で、『ライセンス両立性の罠 – SourceForge.JP Magazine』のようなことが起こっているっぽいですね。

とにかく、DjVuDjVu 形式は良い感じなのでもっと普及して欲しいものです。

TrackBack URL :