supplibceを使う

supplibceライブラリは、Windows CE 5.0 Standard SDK CRT supplementary libraryと言うことで、New BSD License(3-clause BSD License)で公開されています。

Microsoft (eMbedded) Visual C++でWindows CEアプリケーションの開発をするとすぐに思い知らされることがあります。9x系やNT系のWindowsのWin32 APIやCRT関数の多くは使用できるのですが、いくつかは実装されていなかったり、処理内容が異なったり、別のAPIになっていたり、CRTでは宣言だ けされているものさえあります。
supplibceは、そんなCRTの憂鬱な状況をちょっとだけ緩和させるために用意した簡易実装ライブラリです。

まぁ、別にわざわざsupplibceライブラリを使用しなくてもWin APIで書けば良いだけと言えば、そうなのですが、WinCE、Windows、Unix系に可能な限り同一のコードで対応したいという欲求があり、使ってみました。

以下の注意事項があるので、もちろん自己責任で。

supplibce comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY.
あくまで互換性確保のための簡易実装です。エラー時のerrno値の設定や、スレッドセーフなどはほとんど考慮していません。ミッションクリティカルな用途には(そのまま)使用すべきではありません。使用する場合は適宜修正すべきです。

ビルド方法は、以下のような感じです。なお、eVC環境を使ったビルド方法です。

  • ダウンロードしたファイルを展開するとarm.makとincludeおよびsrcフォルダが飛び出てきます
  • コマンドプロンプトを立ち上げます
  • 展開したフォルダにCDします
  • 環境設定用のバッチファイルを編集します

デフォルトでeVCをインストールしている場合は以下のフォルダに存在するはずです

"\Program Files\Microsoft eMbedded C++ 4.0\EVC\wce500\bin\"

で、ARM用にビルドするのであれば、WCEARMV4I.BATをベースに自分の環境に合わせてバッチファイルを編集します

編集するのは、PLATFORM、WCEROOT、SDKROOT変数に設定している値くらいと思います

どのような値にするべきかは、eVCを立ち上げていつもビルドしている状態で「ツール」→「オプション」→「ディレクトリ」タブを見れば設定するべき値がわかると思います

  • NMAKEする

nmake arm.mak

以上でlibフォルダが作成され、その中にsupplibce.libが生成される

後は、このライブラリを使いたいプロジェクトでリンクすればOKです。

あ、展開されたインクルードファイルも適切なフォルダにおいてプロジェクトのインクルードパスを通さないとコンパイルが通らないですね :)

TrackBack URL :

All in One TestLinkJP 1.8.5βがリリースされてました

All in Oneパッケージは、簡単に試せるので良いですね。まぁ、すでにインストールされてるものが在ったりすると邪魔とか一長一短なわけですが :)

TestLinkの最新安定版1.8.5を日本語化してAll in Oneパッケージ化してくれたものがリリースされていました。感謝。

今回、使われてるのはXAMPP for windowsの最新1.7.3ですね。

かなり前にTestLinkを少し試して面白いとは思ったものの某所で定着させるのは敷居高そうってのが感想でした。

Excel大好きな人が多いですからね~確かにExcelとの連携も考えられては要るのですが…Excel好きって、わがままな人が多いんですよね :(

自分のスタイルを変えてツールを使うのは嫌。ツール側が歩み寄れみたいな。

さて、もう1回1.8.5入れてみるか1.9か、いっそ2.0を待つか悩んでたり…まぁ、2.0は遠そうなんで、今回のリリースが良いタイミングですかね。

ソフトウェア・テスト PRESS Vol.10 ソフトウェア・テスト PRESS Vol.10
ソフトウェア・テスト PRESS 編集部

ソフトウェア・テスト PRESS Vol.9 ソフトウェアテスト技法ドリル―テスト設計の考え方と実際 パーフェクトソフトウエア WEB+DB PRESS Vol.58 ソフトウェア・テスト PRESS Vol.3
by G-Tools

TrackBack URL :

Liferay 6.0.3リリース

某所でポータルサイトを構築するために試用しているLiferayなんですが、ようやく待ちに待ってた6系のRCがGA版(6.0.3)となりました ;)

ポータルというか、CMSってなかなかどれも帯に短し襷に長しって感じで、しっくりくるものがないんですが…日本語訳が微妙だったり色々問題があったりするんですけどLiferay気に入ってたりします。

日本語訳は6.0.3になって少しましになってる :?: 「札の雲」もチャンと「タグクラウド」になってますね :) あと、ワークフロー等もRCでは外されてたのですが、チャンと入ってますね~でも、使い方が良くわかりません :cry:

Liferayの一番の欠点は日本語での情報が少ないことですかね~日本語の情報があれば教えていただけるとうれしいです。カスタマイズしたいんですけど敷居が高いです :cry:

Liferay Portal 6 Enterprise Intranets
Jonas X. Yuan
1849510385

て、言うか英語でも6の情報は少ないですね :|

導入時に参考にしたCMSの比較資料としては、登録が必要なのと英文ってのがアレなんですが…グラフとかが多いのでOpen Source CMS Market Share Report 2009は役に立つと思います。まぁ、この資料を見るとLiferayって選択にならないかも知れないですけど ;)

TrackBack URL :

StyleCop 4.4.0.9日本語化版登場!

『Microsoft StyleCop 4.3(C#静的解析ツール)リリース』のエントリにコメントでStyleCopを日本語化したというお知らせをいただきました。小沢さん、ありがとうございます :)

連絡をいただいた時にja1-1版を試してみたのですが…どうもうまくインストールされず直接コンタクトしてみるかなぁ :?: と思っていたところにja1.2版がリリースされたので試してみたらうまく日本語化されました ;)

少し前にStyleCopのソースが公開されていたので、警告メッセージのXMLファイルだけのなんちゃって日本語化をしようと思いながら手つかずだったわたしとしては、非常にウレシイ公開です。

ちなみに、わたしが試した環境はWindows 7 + VS2010 Professional日本語版です。あと、VS2008 Proでも問題なく動作しているようです。

StyleCop日本語化

StyleCop日本語化出力

StyleCop日本語化警告メッセージ

StyleCop日本語化警告メッセージ

やはり、日本語で表示されるのは良いですね ;)

TrackBack URL :

シリアル通信(WinCE⇔wincom.rb)でハマる

WindowsCE機のシリアル通信プログラムを試験するためにWindows側の対向プログラムをRuby+wincom.rbで書いてみました。

CやC++で書くのも仰々しいし、C#って線もあったけど…試験用の対向プログラムなので、スクリプト言語で安易にちょこちょこ修正できた方が便利ってことで、Ruby+wincom.rbを選択したわけです ;)

まぁ、シリアルを制御するためのスクリプト言語にはRuby以外の選択肢もあったし、Rubyにしてもwincom.rb以外にも数種類の選択肢があったわけですが…対向用のマシンはWindowsだったし、使い方もすごく簡単そうだったのでwincom.rbを採用しました。

機器間は直結のシリアルケーブルで接続していたのですが、WindowsCE機側のPCとの通信設定で「PCとのケーブル接続を有効にする」状態にして、wincom.rbでシリアルポートをオープンするとActiveSyncを試みるという不可解な現象が :roll:

wincom.rbを調べてた時に以下のようなページを見つけていたので、最初はてっきりノイズでも :?: と思ったわけですが…。

原因はまったく違って、wincom.rbのポートオープン処理にあった以下のコードが原因でした。今回のケースでは、該当部分をコメントアウトすることで事なきを得たわけですが :)

    bi = @@wEscapeCommFunction.call(@iht,setdtr)    #DTR ON

DTRをオンしているだけなので、普通ならまったく問題ないと思うのですが…DTR信号に反応して、ActiveSyncしようとする挙動の理由が良くわからないんですが… :| そういうモノなんですかね :?:

Rubyスクリプティングテクニック ―テスト駆動による日常業務処理術 Rubyスクリプティングテクニック ―テスト駆動による日常業務処理術
菅野 良二

Rubyによるデザイン・パターン Rubyレシピブック 第2版 268の技 プログラミング言語 Ruby Ajax on Rails Railsレシピブック 183の技
by G-Tools

TrackBack URL :

The Art of Unit Testingの表紙がすごい

本家スラドに気になる題名『The Art of Unit Testing』の本がブックレビューされていたので見てみた。

すると…本の内容より表紙の絵が気になって仕方なくなってしまい。だた、それだけで珍しく更新している次第です :)

The Art of Unit Testing: With Examples in .net
The Art of Unit Testing: With Examples in .net

あ、内容は至って真面目なものでサンプルは.net向けのようですが….net使い以外でも読む価値はあるかも。もし、翻訳されたら読んでみるかもってレベルですかね。

TrackBack URL :

AnkhSVNの2.1系が正式リリースされてた

AnkhSvnが2.0系の更新があるよぉ~と自動通知してきたので見に行ったら2.1系も正式版としてリリースされてました :) いつの間に…。

早速、AnkhSVN 2.1系とTortoise SVNの1.6系に移行。これで、ようやくSubversion 1.6系で揃えることができました ;)

Subversionハンドブック (Handbookシリーズ) Subversionハンドブック (Handbookシリーズ)
team-thoth

入門Subversion―Windows/Linux対応 Trac入門 ――ソフトウェア開発・プロジェクト管理活用ガイド Subversion実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理(第2版) 入門Trac with Subversion―Linux/Windows対応 入門Redmine Linux/Windows対応
by G-Tools

TrackBack URL :

Wireshark 1.2.0リリース…スタート画面が変わってる

ネットワーク屋さん必携のツールWiresharkの1.2.0が少し前にリリースされていました。

1.2系の初版と言うことやWinPcapのベータ版(4.1β5)を同梱してるところなど若干不安がなくはないのですが…バージョンアップしました。今のところ大きな問題はなく動いているようです ;)

スタート画面が以下のように変わっててチョットびっくり。

リリースノートには、Wireshark has a spiffy new start page.と書かれてますが…個人的には :arrow:

あと、Mac OS X上での動作が改善されてるようですね。

詳細はWireshark: Wireshark 1.2.0 Release Notesを見てください。

TrackBack URL :

findJAR.com…これは便利かも

『jar を見つける – kameidの備忘録』を見て、うんうんワタシも「いっつもわからなくなる・・。」と…うなづいてしまった :)

で、そこで紹介されていた。

が便利そうなので、Mycroft Projectで探してみたらありました。と言うことで早速Firefoxの検索に登録しておきました。

TrackBack URL :

Doxygenコメント書き補助用VSアドイン

C#でコメントを書くなら、XML + Sandcastleで決まり。では、C++ならDoxygenでしょう ;)

と言うことで、一度作りたいと思っていたVSアドインとしてDoxygenコメントの入力補助が作れないかなぁ~と調べてみたら…やはり、みなさん同じことを考えるわけですでにありました。

とりあえず2つ見つかったんで、忘れないように自分用メモ。他にもっとあったりして :)

で、どちらを使おうかで悩み。さらに、どちらもカスタマイズはできるものの…自分の思い通りにはならないし。

ならば、やっぱりお勉強も兼ねて自作するかを思案中 :?

TrackBack URL :