Pro Git本がGitHubで公開されていたのでPDF化してみた

GitHubでPro Git本が各国語で公開されていることを知りました。日本語訳もあります :)

でも、GitHub上では読みにくいのでPDF化してみました。元はMarkdownMarkdown という軽量マークアップ言語で記述されています。

Creative Commons — Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 United Statesで公開されているので、PDF化したものをココにおいても問題ないですよね :?: と言うことで置いておきます(問題あれば指摘ください)。

チャンとした本は以下ですが…当然英語です ;)

Pro Git Pro Git
Scott Chacon

Version Control with Git 入門Git プレゼンテーションzen 現場のプロから学ぶXHTML+CSS Webを支える技術 -HTTP、URI、HTML、そしてREST (WEB+DB PRESS plus)
by G-Tools

まぁ、PDF化の手順という程のものではないですが…簡単にメモ。

作業したのは、Windows上でも可能だと思うのですが面倒だったので仮想マシン上のUbuntu 10.04LTSです。

  1. GitHubから、アーカイブファイルで一式をダウンロード
  2. アーカイブファイルを展開
  3. latexディレクトリへ移動
  4. ./makepdf jaを実行
  5. エラーになるので不足しているパッケージを入れて行く
  6. 変換がなんとか通るとlatexディレクトリにmain.pdfが作成される

不足を指摘されて入れたパッケージは以下の通り。

  • Ruby 1.8(PDF変換用のスクリプトがRubyで記述されているので必須)
  • Pandoc(universal document converter。MarkdownをTeXに変換)
  • XeTex(Unicode対応のTeX)
  • texlive-latex-recommended(一部のTeXスタイルファイルが不足しているため)
  • ttf-ipafont(IPAフォント)
  • ttf-vlgothic(Vineのフォント)

以上です。

うは、変換してから気づいたのですが…かなり前にPDF化もされてGoogleDosで公開されているようですね :oops:

まぁ、少し新しいのでココのもそのまま置いておきます :arrow:

9章は最後まで訳されないのかなぁ。

Be Sociable, Share!

TrackBack URL :

Comments

  1. fukurou
    8月 28th, 2011 | 1:40 AM

    こんばんは、pdfをダウンロードさせて頂こうと思ったのですが、リンクが切れているようです。
    ※ Googleドキュメントの方も見れなくなっていますね。

  2. admin
    11月 6th, 2011 | 8:58 PM

    リンク切れ直しておきました。ごめんなさい。

Leave a reply