確かに図表多すぎ…あと無駄なカラーも

『本の虫: 日本の参考書には図表が多すぎではないか』

いやぁ~確かにその通りですね。わたしは、英語で原本がバリバリ読めない :oops: ので、訳本に頼るわけですが、訳の良し悪しは置いておくなら訳本の方が良いです。

別に「○○入門」って本を否定するつもりはないんですけど…一度も当たりを引いたことがありません :(

まぁ、子どもの教科書とか見ると驚くほど薄く、フルカラーで図も写真もバンバンって感じでコレ教科書 :?: 状態です。歳がバレますね。

図や表が多用されてると『なんとなく』わかった気になるんでしょうかね~とか批判的なことを言いつつ、図表を乱用したヒドイ仕様書とかを作ってたりするんですよね :|

てか、表はまだしも図ってコストが結構かかるので、余程重要なもの以外は基本書きたくないんですけど…困ったことに図表厨ってのが居るわけです。

たぶん、仕様書をプレゼン資料か何かと勘違いしてんじゃない…みたいな。

そろそろ仕様書をパワポで描く時代がやってくるんですかね ;)

Be Sociable, Share!

TrackBack URL :

No comments yet. Be the first.

Leave a reply