Officeのファイルが複雑すぎる?

少し前にMicrosoftがOfficeのバイナリフォーマットを公開したと話題になってましたが…まったく興味ありませんでした :|

そんなモノ扱いたいとも思わないし、扱うとしてもApache POI(日本語)とかでできる範囲でしか絶対やらない :mrgreen:

Joel On Softwareで、Why are the Microsoft Office file formats so complicated? (And some workarounds)として書かれていたエントリがはてな匿名ダイアリーで翻訳されていた。

Joel On Software私訳:なぜMicrosoft Officeファイルフォーマットはこんなにもややこしいのか (そしてその対処法を幾つか)…Officeのファイルフォーマットになんか全く興味ないはずなのに…日本語になると読んでしまいますね :oops: 以下斜体部引用。

先週、MicrosoftはOfficeのバイナリフォーマットを公開したが、このフォーマットは殆ど正気でないように見える。Excel 97-2003ファイルフォーマットは349ページのPDFファイルだ。でも待って、それで全部じゃない。

もう、この部分を見ただけでMicrosoftの資料を見る気も起こりませんね :roll:

そうそう、POIって変な名前だと思いませんでした :?: 少なくともわたしは、すごく疑問に思っていて、WikipediaでPOIの『名前の由来』を見て妙に納得したのをおぼえています :) 以下斜体部引用。

POIという名称は、Microsoft Officeのファイル形式をリバースエンジニアリングした際、その形式が意図的に、しかも中途半端に分かりにくくされていたため、皮肉を込めて “Poor Obfuscation Implementation” (中途半端に曖昧な実装) と呼んだものの頭字語に端を発している。このようにユーモラスな正式名称を当てはめる方法はかつていろいろなサブプロジェクトに見られたが、ユーモアを不適切と捉えるビジネス界への進出を意識し、公式ウェブページからは削除されている。もうひとつの由来は、ハワイの珍味Poiから来た。ハワイ人がこれを食べ続けると巨人になるとも言われている。

Microsoftも古いフォーマットを捨てたいと思ってるのかも?:)

Be Sociable, Share!

TrackBack URL :

No comments yet. Be the first.

Leave a reply