コード面接…面接する側に回りたい

はてなでは、以下のようなコード面接を行っているらしい :)

http://d.hatena.ne.jp/jkondo/20080118/1200604382

コード面接 – jkondoの日記 via kwout

少なくとも私は遠慮したいが…それでもという人は「はてな求人情報」:mrgreen:

でも、ソフト屋さんを採用するにはコードを書いてもらうのが一番ってのには、

「激しく同意!ですね!」

システムエンジニアだろうが、何だろうがとにかくコードを見る。別にその人の得意な言語でよい(あまり突飛なのは困るけど ;) )。

たぶん、それですべてが分かるような気がしなくもないです。

でも、甘いコードレビュー程度で結構プレッシャー受けてる人も多かったりするのに面接となると…すごいでしょうねプレッシャー。

面接する側だと面白い :?: だろうなぁ~もちろん、真剣なんだろうけど。わたしなら、この人とペアプログラミングができるかと言う視点で観るような気がする。

ペアプログラミングしたことないけど:)

実際に適用したこともないのにペアプログラミング=贅沢(人資源の無駄遣い)と見えるみたいですね。特にご年配の方には…って、俺も結構歳だけど :roll:

Be Sociable, Share!

TrackBack URL :

No comments yet. Be the first.

Leave a reply