Code to Test Ratio値

残念ながら :?: まだ、わたしのRails歴は机上学習レベルで実際にコードを書いたことがない :cry: 興味はあるので、書けばよいのだが強い動機がない。

できれば、仕事としてRailsを使ってみたいと企んでいるのだが、なかなか目ぼしい案件がないのが実情。

言いだしっぺの法則も怖いし ;)

今年中には、一つくらいRailsを適用する案件にたずさわってみたいと思っているので「僕のCode to Test Ratio歴」は非常に興味深く読ませてもらった。

http://www.eisbahn.jp/yoichiro/2008/01/code_to_test_ratio.html

天使やカイザーと呼ばれて: 僕のCode to Test Ratio歴 via kwout

参考値としてメモkwoutしておかなきゃ :) 某社の実体は、XXUnitの定着には程遠く一部の人が少し書いている程度。

同じくよういちろうさんが書かれている。「Fixtures Visualizerプラグインを公開しました」の中での以下の部分に激しく同意するから、Code to Test Ratio値は重要な指標かと。(以下、斜体部引用)

しかし、Rubyにはコンパイラなどない。Railsの場合、プログラマがどこで保険を得れば良いか?そう、単体テストコードである。

実際にRailsを使ってみて、Code to Test Ratio値に対する印象がどのように変わるか楽しみです :)

とにかく案件を探さなきゃ:)

Be Sociable, Share!

TrackBack URL :

No comments yet. Be the first.

Leave a reply